たるちるの尾巴
奈良に生息するおばちゃんの日記です。
プロフィール

たるちる

Author:たるちる

つなビィ
たるちるの尾巴 別館
天気時計
カテゴリー
主に画像のカテゴリー分けになっています。
奈良とけい

奈良の会社設立屋が送る奈良画像
グーバーウォーク
今日の中国
税理士が送る今日のチャイナ
大阪の税理士が送る中国画像
ブックオフ買い取り
ブックオフオンライン
ジェイ・チョウ
リンクシェア
アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ
リンク
World-Word-JS版翻訳
Present's by サンエタ
RSSフィード
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病院での父
2014-04-08(Tue) 23:18
DSC_0399weq_convert_20140408225747qqa.jpg
机を使用せずベッドで字を書く父

私が見舞いに行くと決まって父は「車で来てくれた?」と聞きます。
「電車」、と答えるとこれも決まって不機嫌になり「どうやって帰るんや!」と絶望的な言い方に。
私も意地悪で「電車のほうが早いし今ガソリン高いねんで」と。

すると自分のノートを取りだし路線図を書きはじめます。
電車に乗って帰る計画を立てるわけですが、行き先が毎度違う(汗
今はもうない岡山の生家だったり兄弟のいる兵庫だったり、退職した職場だったり、
肝心な自分の家じゃないという(汗汗

父が使っているノートってのが、まあ読むと頭の中の混乱ぶりがよくわかる。
日記らしき文章も同じことを何度も書いていたり話があちこち脱線したり…。
よくものを忘れるという自覚はあるらしくよく同じようなことを書き留めていました。

少しでも何もすることがない時間ができると「コーヒー買いにいくわ」とかテキトウなことを言って
フラフラ病棟を出て行こうとします。

母が毎日のように通っていても何とも思っていません。
そばにいるのが当たり前、いちばん母に当り散らしていたし。

このときの父は

くも膜下出血で倒れてからの記憶がないので自分が病気だとは思っていません。
話して聞かせても理解はできないようです。

集中力がない。
テレビも続けてみることが出来ません。
心理テストのようなものもまともに受けることができません。
新聞や雑誌も捲るだけ。

怒りやすく暴言の数々。元気な頃からは考えられないです。

現実の出来事と想像したことをごちゃまぜで話す。


まさに高次脳機能障害の症状そのものです。
スポンサーサイト

<< 一時帰宅(1時間だけ) | Top | いっぱいいっぱい >>

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。