たるちるの尾巴
奈良に生息するおばちゃんの日記です。
プロフィール

たるちる

Author:たるちる

つなビィ
たるちるの尾巴 別館
天気時計
カテゴリー
主に画像のカテゴリー分けになっています。
奈良とけい

奈良の会社設立屋が送る奈良画像
グーバーウォーク
今日の中国
税理士が送る今日のチャイナ
大阪の税理士が送る中国画像
ブックオフ買い取り
ブックオフオンライン
ジェイ・チョウ
リンクシェア
アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ
リンク
World-Word-JS版翻訳
Present's by サンエタ
RSSフィード
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鳴門へおでかけ③
2007-08-20(Mon) 16:08
7812e.jpg awa2.jpg

倉庫のでっかいポカリなどの宣伝を見ると大塚村へ来たなぁ、と感じる。
昼からお土産調達を兼ねて競艇場近くの大型スーパーへ。
運よく店内を練り歩く阿波踊りの一行に遭遇。
駐車場で一通り踊りを披露してくれるのを間近で見れて私たち一家大興奮。
7812a.jpg 7812d.jpg

その後10年前に住んでいたあたりを車で走ってもらう。
鳴門駅近くのスーパーはジャスコからキョーエイに代わっていた。

撫養川の親水公園あたりはベビーカーを押してよく散歩した。
石のオブジェが並んだところでは娘がよくつかまり立ちの練習?していたよな。
こんなに小さな石だったっけ??
7812b.jpg7812c.jpg

川沿いはますますきれいに整備されているように感じられる。懐かしい~。
残念ながら子どもたちの記憶には全く残っていませんが。

今思うと鳴門はとても住みやすい町だった。よい印象しか残っていない。
マンションの管理人さんをはじめ近所に住んでいた人はみんな温かくて
子連れの私によく声をかけてくれた。
物価が安く魚をはじめ食べ物がおいしい。
まあこれは私が本格的に太りはじめたきっかけだったりもしますが…。

年に1度、それが無理でも2~3年に一度は帰りたい、と強く思える場所。
実際同じフロアに住んでいた人とはまだ年賀状のやりとりがあり、
暑中見舞いには必ず「ゆっくり帰っておいで」の言葉を添えてくれてある。
ちょっとしたふるさと気分を満喫できたわぁ。
スポンサーサイト

<< キョロちゃん | Top | 鳴門へおでかけ② >>

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。