たるちるの尾巴
奈良に生息するおばちゃんの日記です。
プロフィール

たるちる

Author:たるちる

つなビィ
たるちるの尾巴 別館
天気時計
カテゴリー
主に画像のカテゴリー分けになっています。
奈良とけい

奈良の会社設立屋が送る奈良画像
グーバーウォーク
今日の中国
税理士が送る今日のチャイナ
大阪の税理士が送る中国画像
ブックオフ買い取り
ブックオフオンライン
ジェイ・チョウ
リンクシェア
アフィリエイト リンクシェア ブログ 携帯対応 成果報酬 広告 テンプレート ブログパーツ
リンク
World-Word-JS版翻訳
Present's by サンエタ
RSSフィード
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発見
2009-01-25(Sun) 21:37
先月盗難にあった娘の自転車、なんと出てきました。
盗まれた同じ場所に乗り捨てられてあったのです。
またしてもラーメン食べに行ってたわけですが(今回は車で)。
090125a.jpg 090125b.jpg
前輪のところに貼ってあった名前シールは乱暴に剥がされてあり
後輪の泥除けは無残に曲がっているという…。

自転車がないととても不便な場所に住んでいるので娘には
盗難にあって10日後には新しい自転車を買い直しました。
まあ幸い保険に入っていたので同じものを5000円の自己負担だけで購入できましたが。

見つかったので警察に届け、このかわいそうな自転車は
自転車販売店に引き取ってもらいました。
保険を使ったので見つかった自転車はもう自分のものではないそうです。

それにしても完全に足代わりに盗んで使っていたのだな。

警察の人も言っていたけれど、盗んだ本人が捕まっても罪の意識がないそうです。
ちょっと拝借、って感覚らしいけどこれって立派な窃盗。
悔しいけれどこのドロボウが見つかるとは思えない。
それにしても子どもにショックを与えたことは許せん!

川に投げ込まれていたとかバラバラにされていたのではないことがわかって
よかったとするか。
それと身をもって二重ロックにする重要性を教えてもらったのも良しとする。

ダンナが買ってあげた自転車。
明日ダンナが帰国するってときに見つかったのも不思議やわぁ。
スポンサーサイト
鳥インフルエンザに備えて
2009-01-24(Sat) 23:09
su34.jpg
これはダンナの家に常備されている非常食(餅)とマスク。
会社から支給されます。

赴任するときに分厚い鳥インフルエンザ(新型インフルエンザ)対策のマニュアル本も
持たされています。

日本以上にリスクが高いのは事実。
もしもの時を考えると怖いけれど近い将来これが必要になるのだろうか。

何年か前のSARS騒ぎのときに駐在員がなかなか帰国できなかったのを思い出します。
なんとも嫌な状態だなあと思う。

明日は中国では大みそか。月曜が旧暦の新年です。
ダンナも蘇州で爆竹・花火の年越しを見届けてから帰国してきます。
今回は2月1日までお休み。少しはゆっくりできるでしょうか??
おみやげ
2009-01-24(Sat) 16:15
j1.jpg j4.jpg j3.jpg
持ち帰ったものたち。
スーパー行ってすぐに探したのはもちろんジェイ・チョウの写真入りの食べ物。
スプライトは以前ダンナにもらったので今回はパス。
ポテチは帰って即食べてしまいました。

真ん中は子どものウケ狙いで日系の会社のお菓子。

最後はずっと欲しいと狙っていた雨合羽。
自転車用で画像にもあるように荷物ごとすっぽり覆うことができます。
あちらでは雨の日にはみんなこれを装着して実にカラフル。
窓からしばらくボーッと眺めたほど普及していました。

緑色を購入して息子に「塾用にどうぞ」、と渡したら恥ずかしいから嫌ですと。
私は雨降ったら車だしなぁ。なんだか無駄になる予感。
日本でも自転車で傘をさすのは禁止になったので流行らないかしら??

それとダンナに交渉してもらいニセブランドの財布やキーホルダーを購入。
ニセモノといってもランクがあり、ひと目でこれはあかんやろ、ってのから
質感といいパッと見ただけでは分からないようなものまでいろいろです。
何軒か見て歩き値段交渉するダンナの姿は頼もしかったな。

そして子どもたちに、ということでニセDVDもダンナが用意してくれていました。

そういえばウワサの商業街ってところにも行ってみたかったな。
日本人向けの飲食店、飲み屋、DVDショップなどがいっぱいあるらしい。

で、結局スーツケースがほぼ埋まるカタチで帰ってきたのですが…。
日本の税関で止められてしまい(ドキッ!)
スーツケースを開けるように言われてしまいました。

ダンナのアドバイスでニセブランド関係はどれも箱や袋までそっくりロゴ入りで
再現されていたので、それらは全部現地で処分。
本体のみを衣類の下に入れて帰りました。これが正解?!

結構念入りにスーツケースの四隅や衣類の間を見ている。
その間「お一人ですか?」「目的は?」「何日滞在でしたか?」など
簡単な質問を受ける。
明らかにDVDはバレていたけれど見逃して?もらえました。

周囲は誰もスーツケース開けている人なんていなかったしタイミングの問題だった?
まあどう見ても商品の仕入れって量ではないから大丈夫だったのだろう。

最後のドッキリでした。
たべたもの
2009-01-23(Fri) 22:04
su4.jpg su20.jpg su21.jpg
蘇州で一人寂しく食べた昼食たち。
どれも買ったときは熱々なんだけど家に戻るとすっかり冷えてる。
めげずにチンして食べる。
共通して言えるのは不味くはないけど美味しくもない。
su22.jpg
しかしこのピンポン玉ほどのチビみかんだけはとびきり美味しかった!
スーパーですごい人だかりだったので私も買ってみたのです。

自分で欲しいだけ袋に入れて計量してもらうのだけど、よくよく選ばないと痛んでいるものや
もみくちゃにされて裂けているものなどもある。
全部葉がついているのだけど重さの節約のため葉をみんなちぎって床に捨てている。
それを掃除のおばちゃんがマメに掃くという…。ゴミ箱も一応あるのに。
控え目に10個だけ選んで約1元(15円)。
sh1.jpg
上海ではマ○ドナルドにもチャレンジ。
日本でもまだ食べたことない(ってか奈良では発売すらされていないはず)
クオーターパウンダーを注文。ソースが微妙に中華テイスト(笑
セットの飲み物はホットいちご。
ピンク色の甘いお湯に潰したイチゴが沈んでいるという…。
飲めないことはないけれど、、。
なんとも中国マック!でした。

到着した日にダンナに園区の川福楼という四川料理屋につれて行ってもらい
激辛マーボー豆腐をはじめとして辛いものをひたすらビール片手に食べて
次の日お尻がヒリヒリしたり(泣

日本料理屋でまるまる1本で出てくるヒレカツがめちゃくちゃ美味しかったり、
ダンナが知らぬ間に腐豆腐のファンになっていたり(私は一口でパス)
とまあいろいろ体験しました。

でも今回お腹は壊しませんでしたよ。
おたんじょうび
2009-01-22(Thu) 17:54
decojiro-20090122-173849.jpg de1.jpg de2.jpg
週刊デコにもあるように我が家のわんこ本日7歳になりました(笑

今回はじめてワンコ用のケーキを購入。
高の原サティの1階にあるペットショップまで行ってきましたよ。
なんとこのケーキ5センチ四方しかないにもかかわらず400円します。

これをがっつく様子をビデオに撮ろうと準備中。

あ、もちろん人間用にもケーキ買って来ました。
何かと理由つけて食べるのだ。
旅記録5´ 上海
2009-01-21(Wed) 23:31
su37.jpg su38.jpg sh17.jpg
身軽になったので乗ってみたかったリニアに乗ろう!
ということでチケット購入。これは窓口の透明な仕切りガラスに料金が書いてあるので
しゃべれなくても指差せばOKです。
なにをトチ狂ったか行きはVIP席に乗ってみる。シートが2×2で間隔もゆったり。
帰りの普通席は3×3シートで間隔も若干狭い。
料金が倍違うのだけど空いているし普通席で充分でした。

su41.jpg sh16.jpg sh13.jpg
あっという間に到着して目指すは東方明珠タワー。
上海といえば必ず写真に載っているあの個性的な塔です。
地下鉄に乗り換えます。
リニアの駅のすぐ下にあるので今回は迷子にはなりませんでした(笑

蘇州も観光地なので案内などとてもわかりやすくなっているのだけど
上海は大都市なだけに更に案内の親切度合が上。

地下鉄のチケットもタッチ画面で行きたいところを路線図で指差せば料金が表示され
切符が簡単に買えるようになっています。コインしか使えませんが。

地下鉄構内にはあちこちに路線図。まず乗り間違えることはないかと。
下調べしておいた陸家嘴駅に降りて2番出口を出ると!
sh2.jpg sh11.jpg sh12.jpg
ドド~ン!と迫力の塔が目の前に。
この塔には昇らず離れて見物することに。
まず向かったのは濱江大道。対岸の景色がゆっくり見れます。
ここも看板や道にある地図を見ながら迷わず行けます。
天気は良いけれど対岸は靄がかって見えました。

sh3.jpg sh4.jpg sh5.jpg
もったいないと思いつつ往復50元の観光トンネルを渡って対岸へ。
子どもが喜びそうな乗り物でしたよ。
sh7.jpg sh18.jpg sh20.jpg
おっ!凧あげだ、と思い近くまで行くと売り物(商売)でした。
さすがにここは人が多いです。
のんびりしていたらあっという間に引き返さないといけない時間に。

空港にもどり荷物を受け取ってチェックイン。
ロビーでは春節の飾り付けに忙しそうでした。

飛行機に乗ったらホッとしたのかすぐに寝てしまい気づいたらもう大阪上空。
あまりに眠く食事を逃してしまった~。爆睡できる自分が怖い。

奈良行きの最終シャトルバスにギリギリ間に合いこれまた爆睡。
自分が思っているより疲れたのかな。
とにかく帰りは寝ていたら到着したって感じです。

なんとかトラブルもなく行って帰って来ることができました。
旅記録5
2009-01-21(Wed) 22:39
su36.jpg su40.jpg su39.jpg
あっという間に帰国日。
ダンナが仕事なので私も家の鍵を持っていないため一緒に家を出なけりゃならない。
帰国便は夕方の5時過ぎだというのに8時には浦東空港行きのバスに乗る。

園区の乗り場が湖の東側にある園融時代広場?というところになっていた。
トイザらスなどいろんな店舗の看板が。以前来たときにはこのあたり何もなかったような。

とにかくここでチケットも購入できるし空港行きのバスにも乗ることができるので
旧市街からはちと遠いけれど便利な場所になりそうなところでした。
きっと地下鉄をあてこんで開発しているんだろうな。

11時には空港に到着。時間ありすぎ。
大きなスーツケースを持って行動するのは邪魔なので預けることにする(画像左)。
預け方は…何時間あずかってもらいたいかを言う。中国語はしゃべれないので
中学生(以下)レベルの英語で。身振り手振りでなんとかカバー。

預かる時間を封筒に記入してもらいサイン(真ん中画像)。お金を支払い荷物をX線に通す。
その後うしろの巨大なロッカールームへ案内されます。
荷物を入れてくれて施錠。カードキー(画像右)は先ほど記入した袋に入れて手渡される。
とこれだけです。

因みに料金は預ける荷物の大きさと時間によって変わります。
カウンターの後ろに料金表がありました。
私の場合一番大きなサイズの荷物で預け時間は最短の1~4時間で20元。
これで身軽になれました。

ロッカーはいろんなサイズがありゴルフバッグなどはそのまま置かれていたので
係員と一緒でないと部屋に入れなくなっていました。

こんな場所があると知っていると便利ですね。
場所は第二ターミナル入国ゲートのすぐ横。銀行窓口の手前です。
第一ターミナルにも2ヵ所だったかな?ありました。
旅記録4´夕飯
2009-01-20(Tue) 16:31
道に迷ってヘロヘロになった4日目。
この日の夕飯はダンナの会社の人が招待してくれた。

園区の「天家」というマグロと蟹のお店。
雰囲気も店員さんが日本語を話すところからも高級店臭い。
興味深々だけど招待なのでもちろんメニューは見せてもらえない。

マグロの刺身4種にゆで蟹、マグロの寿司、蟹シャブ、マグロ丼、仕上げに
アイスクリームという恐れ多いコース。
日本でもこんなに美味しいのめったに食べないよ。
中国のお金持ちってすごいな。
寒いのに、と非難されながらも生中を2杯いただきもう口福口福。

ダンナももう日常会話はOK状態なので中国語での会話が飛び交う中
気を遣ってもらっていても会話からはみ出ることが多い。
でも食べるのに夢中で気にならないという(苦笑)

トイレが店内になくてビルの共用のトイレへ行くのだけど寒かった~。
豪華な中華料理よりもインパクトのあった食事でした。
旅記録4
2009-01-20(Tue) 16:00
su23.jpg su24.jpg su26.jpg

4日目。
今日はダンナ普通に仕事。

午前中アパートの隣にある市場を見物&買い物。
敷地内もそれとなく散歩。でも年末で警備員さんがマメに巡回しているため
自分が怪しまれないかと心配になってくる。声かけられても答えられないですから。

ミニ公園では小さい子が遊んでいてお母さんやおばあさんたちは井戸端会議。
日本と全く変わらない光景。でも話し声はめちゃくちゃデカイ。

昼からバスに乗り平江歴史街区という観光用に整備されたところを歩く。
ここはダンナに教えてもらったのだけど、説明が「観前街へ行くバスに乗って右を見てたら
大きく書いてあるのが見える。そこで降りたらいいねん。」となんともアバウトな…。
でもちゃんと行けました。最初の画像のようにドド~ンと書いてあったから。

大通りからちょっと入っただけなのに静かで人通りも少なく雰囲気がとても良い。
中国に来たんだな~という風景が続く。散歩に最適です。
su25.jpg su28.jpg su27.jpg
緑色のポスト。
郵便局も緑。配達のおっちゃんの制服も自転車も緑でしたよ。

獅子林という園林の手前まで歩いてここからバスに乗る。
バス停にはバス番号とその行先のバス停名が全部書いてあるので乗りやすいのです。
昨日行った山糖街の近くに石路というお買いものスポットがあったのでそこを目指す。
バス停で「山糖街」があったので乗ったのだけどいざそのバス停で降りると
どうも様子が違う。そう。間違えたのです。
家に帰って地図で確認したら名前が同じだけでぜんぜん違うところでした。
su30.jpg su31.jpg su32.jpg
とにかく大きな道に出れば看板なりあるだろうからと適当に歩く。
暫く歩いたけれどさっぱりわからない。これはタクシーか?と思ったところで
留園の案内看板が。こりゃあともう少しで石路だっ!てことで必死に歩く。
きっとこれだけで1時間は歩いたと思う。

無事辿り着いたら夕方やし買い物はどうでもよくなった。
もうバスで~、と拘るのがアホらしくなりタクシーを拾ってあっという間に
アパートに戻ったのでした。
旅記録3
2009-01-19(Mon) 22:29
su6.jpg su7.jpg su5.jpg
蘇州3日目。
この日は赴任したての人のアテンドに便乗させてもらう。
日本語が堪能な事務担当の女の子が案内してくれました。

どこでもいいよ、と言ってくれたので私が行ったことない観光名所をお願いする。
まず向かったのは虎丘公園。
有名なピサの斜塔蘇州バージョンがあるところ。

まず入口前の食堂で朝食。
蘇州名物だというワンタンが安価でおいしい店でした。
公園内の詳しい解説は電話のような機械を借りて聞きながら。
王様が埋葬されているといわれている池があり、数年前水を抜いたそうですが
なにも出なかったとか(汗
それにしても敷地かなり広いです。天気が良くてよかった。

su11.jpg su13.jpg su12.jpg
山糖(米じゃなく土)街という古い街並みを観光地化した通りをブラブラ。
せっかくなのでお土産を値切ってもらおうと思ったけれど
どの店もほぼ値切れないという強気の店ばかり。
まあ値段設定高くはなさそうでしたが。

昼食は見本がズラ~っと並んだところで注文して作ってもらう中華料理。
5人で300元ほど。でも食べきれず大量に残す…。

su18.jpg su17.jpg su16.jpg
昼食後向かったのは盤門。ここも広い。
ここにも塔があり追加料金でのぼることができました。
でも階段の傾斜が恐ろしく急で幅も狭い。
真ん中あたりで私はリタイア。
門のところでは楊貴妃?に扮した人が記念撮影していたり、なかなか楽しい。

ゆっくり見て歩いたので今日1日でまわったのはこれだけです。
盤門だけでも公園になっているので3時間は過ごしたでしょうか。
ツアーでは考えられないゆとり。

貴重な休日に1日付き合ってくれた女の子に感謝。
予備軍
2009-01-18(Sun) 19:09
CAG0TAQG.jpg wa1.jpg
息子が友達同士で電車に乗って初大阪行きでした。
1枚目の画像は会場の様子を写メしてきたもの。

今回は京セラドームでのイベントに出陣。
中学生だけど今だにコロコロ読者の息子なのです。

9時開場なのでちょうど9時に到着するように行ったら…甘かった。
ドームに入場するのに1時間半待ち。
当然中に入ると人人人…。何するにも長蛇の列。

それでも楽しかった~!と興奮気味に無事帰ってきました。
この子、これに味占めたら立派なオタク予備軍だよな。

帰国してから義父・母関係のお葬式が立て続けに2件。私は送迎のみですが。
3件目の明日は私も関係あるのでお葬式に参列。
暑い、寒いの極致になると多いね。
旅記録2
2009-01-17(Sat) 21:24
su44.jpg to1.jpg pi1.jpg

ダンナの住んでいるアパート。
外観はキレイだけど水周りとかかなり老朽化、と思ったけれどまだ築10年未満だった。
そして2LDKでシャワー・トイレは2ヵ所。独り暮らしだというのに確実に我が家より広い…。

中はリビングとダイニングの間にズラーっと洗濯物がかけてある。視界が悪い。
ダイニングテーブルは仕事の荷物置き場。イスにはジャンパーなどがかけてある。
ご飯はリビングのテーブルで食べているのだ。
そのテーブル脇にはひげ剃りや手鏡、耳かき、テレビのリモコンに薬とごちゃごちゃ。
こりゃ女の気配全くないや。

蘇州に到着した翌日はダンナは仕事。しかも夜は帰国する人の送別会で帰りも遅い。

ダンナのベッドで一緒に休んだけれどどうも寒い。
ダブルベッドなのだけど普段は足がはみ出るので斜めに寝て
布団をからだに巻きつけているとかいないとか??

ここで風邪ひいたらシャレにならんので対策を。
朝からシーツがわりの毛布を買いに出かける。

欧尚超市(オーシャン)というフランス系の大型スーパーまで歩く。
ここだと普通に?レジを通すだけなので買い物できるのだ。
そして拘らなければだいたい何でも揃う便利な店。
増床工事中で倍ぐらいの大きさになりそうだった。
儲かってるんやな。

そうそう、レジ袋が有料化していた。
ちょこっと昼ごはんと晩ごはんの食料も調達。
一人で外食は勇気がいるからね。

su3.jpg su2.jpg su9.jpg
昼ごはんを済ませて旧市街の観前街あたりへ行ってみることにする。
土曜だったのでものすごい人。
春節飾りもぼちぼち。クリスマスツリーもまだ飾ってあったりする。
行ってみたかった花鳥市場ものぞいたりとあちこちブラブラ。

行きは簡単に乗れた路線バスだけど帰りは…。
バス停に黒山の人だかり。停車するバスもすでにギュウ詰め状態。
タクシー、と思うけれど考えることは皆同じなのか空車がない!

しかたないのでバスに無理やり乗り込む。
乗り込めたはいいけれど自分の降りたいバス停で降りれるのか??
ドキドキ落ち着かない。
結局同じ場所で降りる家族がいてなんか大声で叫んで人をかきわけるので
後ろに続いて無事下車できた(ホ~ッ)

今回はなるべくタクシーに頼らず路線バスか徒歩で移動するよう心がけた。
タクシーは楽だけどスピードが速いは荒いはでゆっくり景色を眺めてられない。
時間だけはたっぷりあるのだ。
旅記録1 出発
2009-01-16(Fri) 16:38
①                  ②                  ③
su42.jpgsu43.jpgsu35.jpg
出発前夜、子どもの荷物をダンナの実家に運び入れます。
着替えに学校関係の用具にワンコ関係とミニ引っ越しのような量(汗

当日朝は子どもたちを学校へ送りだしてから出発。
小雨が降っていたため駅までお隣さんが車で送ってくれる。ありがたや~。

関空へはJRと南海本線を乗り継いで向かう。
ダンナに頼まれたものやら食糧を積んでいるため大きなスーツケース。
これが重さはともかく邪魔なんだ。

空港にて私の携帯はauなので海外端末をレンタル。
自分の携帯のチップを店員さんにつけかえてもらう。

お金を中国元に両替。
向こうの空港で両替したほうがレートがいいのはわかってるのだけど
飛行機降りてすぐ長距離バスに乗りたいので用心して先に。
因みに1元15円でした。高っ。

ダンナの会社の人が食事に誘ってくれていたため免税店でお土産のたばこを購入。

飛行機は機体の小さな3列×2のタイプ。
幸い空いていたので3列シートの真ん中はどこもほぼ空席。
通路側の席を指定。トイレに立ちやすいから…。

テレビはもちろん音楽すら聞けないので退屈で死にそう。
寝ようと思っても眠くない←興奮してたのか??
文庫本は預かり荷物の中なんだよな。失敗。

機内食は鳥か魚を選択できる。
鳥にすると酢豚の鳥ダンゴバージョンみたいなものが。まあ普通に食べれる。

浦東空港に到着。
書類は入国カード1枚だけ。
税関申告書がなくなってる~♪

なんとなく雰囲気が違うと思ったら第二ターミナルに到着しておりました。
調べると去年できたばかりで近い将来第三ターミナルもできるとか。

とにかく到着ゲートを出るとここはどこ?状態。位置関係がようわからん。
出てキョロキョロ右側を見ると案内が(画像①②)

目指すは第一ターミナルの駐車場にある長距離バス乗り場。
クドイほど案内板があるので迷わず行けるけど徒歩10分以上かかったんじゃないか?

辿りついたバスのチケット売り場はすごい人だかり。
中国語はほぼしゃべれないし聞き取れないのでドキドキ。

チケットゲットできたのはバス出発10分前でした。セーフ。
乗り込むときに私は途中下車なのでダンナに教えてもらったとおり
「ぃえんちゅー!」(園区)と下車場所を言って荷物を預ける。通じた(笑

ダンナが仕事を早めに切り上げてアパートで待機してくれていたので
園区で降りダンナに電話。
下車したすぐ近くのアパートでした。

これで無事到着。朝10時前に家を出て到着は夜7時。遠いわ。
帰国しました
2009-01-14(Wed) 23:04
su1.jpg
先週末から5日間ダンナを訪ねて蘇州へ行ってきました。
前回蘇州へ行ったのは2005年の12月。
間1年ダンナは日本で仕事、去年3月から再度赴任しているので
私には実に3年ぶりでござりまする。

子どもたちは学校があるためダンナの実家でお世話に。
ダンナの様子を見て来ると言いつつしっかり遊んできましたよ♪

このクソ寒い時期行くことにしたのは航空チケットが安いから、と思ったけど
私の場合格安チケットで往復中国国際航空利用で30、000円。
燃料サーチャージはなんと往復で22、000円だったりしましたよ。
これに空港使用料など諸々でトータル結構な値段に。ま、いいか。

中国の3年って結構変化していました。
なんといっても浦東空港に第二旅客ターミナルができていた。
いきなり第二に到着したものだからここはどこ?状態やったし。

上海に負けじと?蘇州にも地下鉄ができるらしく街は工事でえらいことになっていました。
ダンナの住む園区という地域もますます開発が進んでいて建物が増えていたし。
それに今中国は春節前(年末)で国中で帰省の大移動が始まりつつある時期で独特の空気。

まあなんだかんだと楽しんできたのでおいおい記録として日記書いていこうと思います。
今年も
2009-01-01(Thu) 23:31
090101a.jpg
今年もぼちぼち身のまわりのことを書いて行きたいと思います。

昨日いとこが札幌から伊丹へ来るはずが悪天候で飛行機が欠航。
今日の夕方の関空行きの便でこちらへ来るこができ無事会えました。

毎年1日はダンナの実家の意向で元旦礼拝です。
今回は信仰をもっていない私達も聖餐式でパンにぶどう酒(ジュース?)をいただきました。

元旦に神社仏閣関係へ行かなくなって何年経つだろう?
私の実家で夜中の11時過ぎに当たり前のように近所の神社へ初詣へ行っていたのが
ウソみたい。
あの夜中に人が集うドキドキワクワク感を子どもにも味あわせてあげたいな。
なんて言ってる間に友達同士で行きそうな気がしますが。
家族でってのは恐らく無理だね。

こんなこと考えてる私が殊勝に毎年教会行ってるなんて変な感じ。
毎年どこか居心地の悪さを感じる1日の始まりなのでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。